初心者なりの株式投資とは?

投資と聞いて真っ先に思いつくのが「株式」だと思います。
「株式」は誰もが聞いたことがある身近な言葉だと思いますが、詳細を知っている人は少ないのではないでしょうか。

株式とは金融商品のことを指します。
企業が発行する株式を買うことで、自分がその企業の株主になることができます。
株主になれば様々な権利を持つことができるのが特権です。

上記の「様々な権利」とは、株主総会に出席し経営方針について口を出せたり。
投資企業の製品がもらえたりと、本当に様々。
しかしこれらを目的として株主になる人はいません。

一番の目的は、所有している株を売ることで利益が生まれるということです。
株の売買で利益や損失が出ることを「株式投資」と言われています。

目ぼしい企業を見つけ、株価(株の価値)が安い時に株式を購入したとします。
その企業がめきめきと実績を上げ、業績を伸ばせば購入した株価はどんどん上昇するわけです。
その時に所有している株価を売れば、安く買った分だけの利益が発生します。
つまり株式を安く買って、価値が上がった時に売る、この差額が利益となるわけです。

しかしこれは逆のパターンも存在します。
株式を購入し、その企業が倒産してしまった。
そうなると株式の価値はゼロになり、株式を購入した分だけが損失になるというわけです。

社会情勢をチェックし、目ぼしい企業を見つけ、その企業の株を購入するのが一般に言われている株式投資です。
少額投資であれば、初心者でも充分に楽しめる投資法ですし愛着が持てる企業を応援するのはとても楽しいと思います。